脂質異常症を改善しよう!【健康的な生活をしよう!】

くすり

脂質異常症は日頃の食事習慣と運動が大きな原因を占めています。脂質異常と診断された場合、自覚症状がないからといって放置しないで下さい。心筋梗塞や脳卒中にかかる可能性が高くなります。動脈硬化を予防するために生活を振り返り、改善していきましょう。

Read more »

  • 安心してぐっすりバッチリ眠りたいのならば不眠症を対処する必要があります。ココでその改善方法を覚えておきましょう。
  • 食事と運動で改善する

    病院のベッド

    脂質異常症の原因は、生活習慣の乱れによるものが原因になる場合があります。そのため、バランスの良い食事と、適度な運動をしっかり行なうことで、改善をすることが出来ます。

    Read more »

    症状改善

    点滴

    食生活や生活習慣の乱れを正すことで、脂質異常症を改善できます。コレステロールや中性脂肪が増えていくと様々な病気の原因となり、大きなリスクを抱える可能性があります。そうならないために脂質をコントロールしましょう。

    Read more »


    身体の調子を整える

    糖尿治療

    脂質異常症は高脂血症とも呼ばれ、その名の通り血液中の脂肪値が高い病気である。中性脂肪が多い型、悪玉コレステロール値が高い型、善玉コレステロール値が低い型の3タイプがある。中性脂肪自体はエネルギー源になる大切な物だが、過剰になると悪玉コレステロールを増やし善玉コレステロールを減らしてしまう。脂質異常症は自覚症状が無いため動脈硬化が進行し、心筋梗塞や脳梗塞を起こす危険性が高い。 脂質異常症は遺伝が因子となる事もあるが、食生活などの生活習慣病に起因する所も大きいので、日常生活を見直す事でかなりの改善が見られる。具体的には動物性脂肪を減らし不飽和脂肪酸を含む食品を多く摂取する、禁煙、暴飲暴食を避け肥満防止、定期的な運動などが有効である。 そのため、ジムに通ったりウォーキングをしたり、人間ドックを利用して健康的な生活を心がける人が増えて来ている。

    生活習慣病の一つ、動脈硬化症は年々増加の傾向にある。この病気を引き起こす脂質異常症は日常生活を見直す事で予防、改善でき、その結果心筋梗塞や脳梗塞も防げるため、各団体が様々な対策を講じている。 動脈硬化学会は動脈硬化予防のガイドラインを発表し、注意を喚起している。 各地方自治体の多くは、ある年齢以上の市民対象に無料の基本検診や特定検診を実施し、異常値の出た市民には保健指導も行っている。人間ドックの費用を部分的に助成している自治体もある。各地の保健所に問い合わせればこういった情報を得る事ができる。こう言ったサービスを利用しない手はない。 これらの取組みによって、健康に対する市民の関心も高まって来ている今だからこそ、生活習慣を見直し、危険因子である脂質異常症を予防し、身近にあるサービスをうまく利用しながらいつまでも健康で元気に過ごせるための努力を、個人個人がすべき時代である。


    オススメリンク